利尿作用がある遊離アミノ酸のシトルリンの働き | むくみに効くサプリ人気商品を比較しました(*´・v・`)

利尿作用がある遊離アミノ酸のシトルリンの働き

シトルリンはアミノ酸です。
体内のアミノ酸は、長くつながったタンパク質という状態で体内に存在しています。
しかし、アミノ酸の中でも一部は一つ一つのアミノ酸というバラバラな状態で存在のものもあります。
それが遊離アミノ酸ですが、シトルリンもその仲間です。

細胞内や血中を巡って必要な時にすぐ働けるように準備しています。
シトルリンは体内で一酸化窒素の生成を高めて、血管を拡張します。
血管の平滑筋を弛緩させ、動脈を拡張させ血流量を増やし、結果的に血管を柔らかく、健康にしてくれます。
老廃物などの排出にも、血液がよどみなく流れることが好条件となってむくみ改善が期待されています。
利尿作用が高いというのは、この老廃物の排出という点であり、むくみの場合には、より多くの不要な水分を排出することができるようになります。
血管を丈夫にすることで、むくみの改善や防止ができるということについては、体内の水分の循環がよくなることを意味しています。
むくみそのものが、余計な水分が体内にとどまることを言いますから、シルトリンを飲むことで、効率の良い水の移動をすることができるようになると考えてよいでしょう。

むくみだけではなく、健康のためのサプリメントとしてもシルトリンは使用されることが多いとされています。
副作用もあまり無いとはされていますが、必要以上に摂取することや子供に対しては、あまり使用しないほうが良いとされています。